インサイドセールス支援

■インサイドセールスとは

インサイドセールスには企業によって様々な捉え方がありますが、当社では「インサイドセールス=社内にいながらにして行う営業活動」の事を指します。

いかなる企業も存続のためには常に「顧客の創造」をしていく必要があります。既存のビジネスが成立しているお取引先様の関係はしっかり維持しつつ、明日の、将来のビジネスを生み出す顧客との関係性構築には常日頃から取り組んでいかなくてはなりません。しかしながら、営業の現場においては、やはり「目先の売上が立つお客様」、つまり「今引き合いや見積もり依頼を頂いているお客様」とのコミュニケーションが最優先の活動になってしまいます。それは日々数字を追いかけている営業担当者にとってはやむを得ない状況です。

そのような状況で将来の顧客との接点の新規開発をしていくにはどうしたら良いのでしょうか。

その答えが営業機能の分担です。営業はそのミッションを「商談からクロージング」(アウトサイドセールス)に集中し、その前段階である「集客」と「集客後の商談化に至るまでのフォロー(リードナーチャリング)」は別組織にて分担していくというものです。そして、この「集客後の商談化に至るまでのフォロー」の事をインサイドセールスにて担っていくのです。この分担により目先の売上の確保と将来の売上の創出をバランスよく同時並行的に進めていくことが出来ます。

■当社のインサイドセールス支援

インサイドセールスの部隊は本来営業社内に設置し、営業(アウトサイドセールス)としっかり連携して進めるべきであると考えています。しかしながら多くの企業においてはインサイドセールスの業務設計、チーム編成、運営、効果測定手法の確立を一から構築していくには時間と労力がかかる場合があります。当社では社内にてその効果がしっかり理解され、自社内運営が出来るようになるまでインサイドセールス業務について設計から効果測定までの業務を支援することが出来ます。勿論、その後貴社に成り代わって運営していく事も可能です。

■当社のインサイドセールス支援メニュー

  • リード及び接触の無い既存顧客の管理(情報更新)と次のアクションシナリオ作成
  • シナリオに則った架電と架電結果に基づいた情報更新
  • 商談化したリードのエスカレーション
  • 商談結果に基づいた情報更新
  • リード収集のための支援(テレマーケティング、コンテンツマーケティング、等)

■導入プロセス

  1. 貴社取り扱い商品・サービス・ターゲット・営業プロセス、売上目標について整理
  2. 既存の見込顧客収集方法についての整理
  3. 年間営業スケジュール・各種イベントについての整理
  4. 見込顧客のカテゴリー
  5. カテゴリー別シナリオ作成
  6. 見込顧客のデータベース化
  7. 架電(主)及びメール(副)によるインサイドセールス活動の開始
  8. 活動の見直し(随時)

■費用

貴社の状況を伺い、対象件数やシナリオ作成のパターン数や難易度によって試算の上、ご提案させて頂きます。基本的に架電した件数による従量課金でご提案させて頂いております。

インサイドセールスに関するコラムはこちら

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.